FC2ブログ
2019 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

4月19日 木曜日 【月を見て、月を描いているのか?】

去年の夏に近くの公園を散歩していて知り合った
ウェブデザイナーのおじさんがいるんですが

以前、その人の家に招かれた時
とっても素敵な話を聞かせて貰ったことを
今日、ふと思い出しました。

素敵な話だったので
ぜひ紹介させてください。

それは
【お月様の絵】のお話。



とある坊さんが
お弟子さんに

「月を描いてきなさい」と
宿題を出したそうです。


お弟子さんは紙一面に
丸く、それらしいお月様を描き
持って行くも

あろうことか坊さんに
その絵を破られてしまいます。

「そうだ、きっと下手だったせいだ!」と
考えたお弟子さんは

次の日はもっと上手にお月さまを描き
坊さんのところへ持って行きます。

しかし。

その絵もまた
破られてしまうのです。


来る日も来る日も
何でいつも破られるのか
わからないまま

試行錯誤をして描いた
お月様の絵はことごとく
破られ続けます。


ある日のこと

とうとう嫌気がさして
大きく丸を描いただけの
お月様の絵を持って行ったところ

坊さんは
「確かに月だ」

と、おっしゃい
その絵を受けとってくれました。


今までと何が違うのか
さっぱりわからなかった
お弟子さんは、訊きました。

「今までの絵と、何が違ったのでしょうか!?」


坊さんは
お弟子さんを外へ手招きし

その手で空を
指差しました。

そこには
闇夜に浮かぶ

絵そっくりの

丸い満月が
輝いていたのです。


満月



・・・いやー。

仕事関係、友人関係、親子関係、恋人関係。

どんな関係性にもあてはまる
素敵なお話なんじゃないでしょうかねぇ。


当たり前のことかもしれませんが
ちゃんと対象を見ているのかどうか。

自分だけの妄想になってしまっていないか。

そういことを聴いた当時
深く考えさせられたお話でした。

しかし、たんに聴いただけでは
血肉化しないのも悲しい現実。。。(トホホ)

今の対象、なんだろう。

常に心にとどめておきたい
大事なことの一つだなぁと思います。
[ 2012/04/19 21:31 ] 日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。